カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

3種の炭入りソングポッド2個セット【Asulonニューアルバム発売記念キャンペーン対象商品】

ソングポッド Song Pods

ソングポッド Song Pods 2個セット 麻炭、備長炭、竹炭の3種の炭が入った
くりすたり庵オリジナルのソングポッドの2個セット


これまでくりすたり庵ではソングポッドの開発者であり制作者のメディスン ウーマン/エイミーリーさんに、日本の3種の炭を入れたオリジナルのソングポッドの開発を依頼していましたが、このたび音響を減ずることなくエネルギーを増幅させる絶妙の比率でついに完成しました。

麻炭、備長炭、竹炭、ハキマーダイヤモンド、その他が混入されたこのソングポッドの響きは、強力な心身のエネルギー浄化作用を有しています。

楽器として、ヒーリングツールとして活用していただければ幸いです。



ソングポッドの使い方(1個、あるいは2個)
ソングポッド Song Pods
1.その形や手触りを楽しんでください。内部に封印された穏やかな水晶のチャイムの音を。手のひらの上で転がしてみてください。

2.手のひらに持ち、振ってからソングポッドを片方の耳に近づけ、そして他の耳に同じように近づけます。その振動音を聴くだけでなく感じてください。

3.机などのような硬い材質の表面でソングポッドを軽く叩き、片方の耳に近づけ、そして他の耳に近づけます。

4.両手にソングポッドを持ち、両方を振ってください。そして同時に両方の耳に近づけてステレオで聴こえる至福音を楽しんでください。

5.2個のソングポッドをやさしく叩き合わせてください。そして両耳に近づけ左右の脳半球が共鳴するのを感じてください。

6.マッサージセラピストたちはソングポッドを振ったり、叩き合わせたりして背骨に沿って動かしたり、足の裏、膝の後ろなどに近づけたり置いたりします。

7.ストレスやテンションを感じている人は、ソングポッド休憩を取ります。優しいこだまのような響きを聴いているうちにストレスが軽減、消散されるまでソングポッドを振ってみてください。

8.乳幼児には、セラピストはやわらかなコットンのポーチや巾着、靴下の中にポッドを入れて使ってください。そのまま使うとポッドの金属表面をなめたり噛んだりして歯を痛めることもありますのでご注意ください。

9.ソングポッドは万華鏡のように、2度と同じ音では鳴りません。手荒に扱っても壊れることはありません。乾電池は必要ありませんし、どうして鳴らすのかを知っているだけ、ポッドは手に取ってあなたに鳴らして欲しいのです。

10.ソングポッドはほとんど手入れは必要ありませんが、使っているうちに手の汗や体脂が付き、環境による酸化も加わって錆が出ますので、錆防止のためTung Oil(桐油)などを塗ってください。


Asulonニューアルバム発売記念キャンペーン対象商品

ただいま当店でソングポッドをお買い上げいただきますと、話題のクリスタルボウル・アンビエント・ユニットAsulonのニューアルバム「Stargazer」を数量限定でもれなく1枚プレゼントしています。この機会をお見逃しなく!

3種の炭入りソングポッド2個セット【Asulonニューアルバム発売記念キャンペーン対象商品】

定価(CD代込み):
52,500円(税込)
価格:

45,000円 (税込)   <14%OFF>

[ポイント還元 1,350ポイント〜]
購入数: セット

在庫

在庫あり

この商品について問い合わせる
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る

商品には写真のケースが付属します。
ソングポッド2個セットとケース

原産地 アメリカ
メーカー www.songpods.com

くりすたり庵はソングポッドの日本総代理店です。
商品についてのお問い合わせは当店までご連絡ください。

Story of Song Pods ... text by 牧野持侑

2014年12月より当サイトで販売しているこのソングポッド (Song Pods)は、アメリカ・オハイオ州の片田舎で、エイミー・リー(Amy Lee)さんというネイティブ・アメリカンのメディスン・ウーマンが十数年前に考案し、自ら手作りで製造しているオリジナルの楽器です。涙型をしたそのソングポッドの中には、ネイティブ・アメリカンの人たちの世界観の中で尊ばれて来た水晶やもろもろの物質が混入され、手に持ったポッドを転がしたり、振ったりすると何とも言えない、いつかどこかで聴いたことのある、懐かしさを感じる心地良い音が鳴り響きます。

Amy Lee"This is Medicine from Stars"「星々からの(音の)くすり」とエイミー・リーさんはこのポッドを説明しますが、その特有の響きがからだと心に作用して、緊張を緩め、それらのバランスを調整し、活性化します。現在も健康関連施設や自閉症児、高齢者の施設をはじめ、様々なセラピー、ボディーワーク、レイキなど、その他さまざまな場所で使われています。

僕はサウンド・ヒーリングには毎回使いますが、特にヒーリングの開始と最後に振り鳴らしています。ソングポッドは、いわゆるシェーカー類なので、しゃかしゃかという音を出しますが、使い方、音の出し方を工夫することで、人や場のエネルギーを瞬時に変換、調整したり、脳波を変性したりと多様な使い方が出来ます。

エイミー・リーさんにソングポッドに関してメールをしたのは、東日本大震災のすぐ後で、自分用として2個をオーダーしたところ4個のポッドが届き、そこにメッセージが添えてありました。大震災のニュースを見て心が大変痛んでいる。その犠牲者の鎮魂と被災者や被災地に対して一日も早い立直り、復旧・復興を祈りたいので、2個のポッドを被災地のどこかで鳴らした後にその大地に埋めて来て欲しい、との内容でした。 その後被災地でのチャリティーコンサートなどが企画され、数カ所演奏で回ったのですが、1個を南相馬市の浜に、もう1個を石巻の浜に埋めてきたのがきっかけとなり、今回そのポッドを日本に紹介することに繋がった訳です。

彼女は、1980年初頭より、怪我をした野生動物の保護と野生への回帰のためのさまざまな問題に深く関わり、ライフワークとして多くの動物たちを救って来た方ですが、その飼育費、治療費、餌代などはすべて、ソングポッドの売り上げによってまかなわれ運営されています。

写真は1982年のイベントのチラシ。エイミーリーさんですが、1980年より活動を開始。彼女の腕に乗っているのは保護をしたアカオノスリ(Redtailed Hawk)です。

ページトップへ